遊印で新しい発見

印鑑イメージ

相変わらず飽きもせずいろいろな印鑑やはんこのお店のインターネットサイトを見てまわっています。
琥珀印鑑の勧めがあったりオーソドックスな黒水牛にひと手間加えたラメ水牛印鑑だったり本当に色々な印鑑があるものです。

更に実印などの印鑑ではなく遊印 はんこの方に目を向けると本当にその人それぞれの画風が現れる為無限大のパターンが存在します。
無限大のパターンを見て周るんだから見るたび見るたび新しい発見がありますのでそりゃあインターネットサイト巡りも続きます。

流木印鑑を見つけた時のワクワク感はかなりのものでした。
他に何か珍しい事をしている人はいないか?そんな感じでフラフラと見て周っているのです。

ここは流木、ここの店は普通のゴム印、ここの作家さんはたけのこ…たけのこ!なんとたけのこを印材として使っている作家さんを発見いたしました。
遊印を作成されている伊藤睦子さんという作家さんです。

最初の印象がたけのこから入ったのですがメインの印材は小枝を使用されている方で実際に写真を見てみれば判りますが、何とも温かみのある画風でこれまたその画風によくあったイラストモチーフをチョイスされています。

ウサギやトンボやパンダのイラストはんこ。遊印は自由なのでモチーフも選びやすいのが良いですね。
ただ彫るだけではなく彫り面にも色を置き印影ではなく印面も魅せるようにはんこを作成しています。

珍しくて丁寧な作りでしかも可愛いこんな人が今の今まで発見できずにいたのです。
やはりこれからもきっと新しい発見があると思うのでサイト巡りは続ける事になるでしょう。

ページの先頭へ